ITエンジニア転職

転職というものを考える際、転職先となる職場における自身の給与を過剰に気にする人

転職する場合、その職場の自分の給与について気にする人が意外といるでしょう。もちろんたいていの方はですから生活費を給料として稼ぐために仕事を選択するのはずです。年収がいくらかは自身がどれほど評価してもらえているか、としての側面もありますから当然大切なことは至極当然です。

ITエンジニア|転職を考えるとき、そこでの年収について気にしすぎる…

  • 転職というものについて考えた場合、その職
    場の年収ばかりに気を取られる人がわりと多
    いものです。たいていの方は仕事というのは
    収入を得るため、自分の生活を成り立たせる
    ために行うものです。だから生活費を得るた
    めに仕事するのでしょう。だから年収がいく
    らかは自分自身がどのくらい評価してもらえ
    るか、という側面もありますから、当然大切
    なものとして扱うのは至極当然です。それに
    しても必要である以上に年収の額にとらわれ
    すぎてしまうのもさみしいものです。この世
    には年収が期待できない業種でったもやりが
    いを感じられることが少なくないからです。

  • 現代では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件違反の取り締まりが強化されたり…

  • 現在、「ブラック企業」に厳しい目が向けら
    れるようになり、労働条件違反などが厳しく
    取り締まられたり、悪質な会社が公開される
    など、厳罰に処せられる傾向にありますが、
    完全とはいえません。そこで、面接で見破る
    必要が出てきます。とにかく、求人票等に書
    かれている労働条件をチェックし、それらの
    項目を一点ずつ色々と質問してみましょう。
    おおよそブラック企業であれば、記載内容に
    ウソがあったときは、返答が不自然になりま
    す。「その場ではちょっと答えられない」と
    いった逃げ腰になることがよくあります。特
    に給与や残業や休日に対しては、詳細につい
    て尋ねると、後ろめたさを感じる表情を見せ
    る可能性が高いです。それでも迫ると、ブラ
    ック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされ
    たかのような態度を見せるので、そこで相手
    のウソを確信できます。この手の会社は、約
    束を履行してもらえないばかりか、入社後も
    ふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高
    いので、少しでもおかしいと感じたら、その
    会社に入社すべきではありません。

  • ITエンジニア|一昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に出向きました。

  • 先日転職先の会社を探すために人材バンクへ
    登録をしに行きました。登録するときのカウ
    ンセリングを行うために出てきた担当者が見
    た感じ20歳そこそこの社員のようで、私が
    話したことの50%も彼は理解していないよ
    うに見えました。おまけに「キャリアデザイ
    ンを考え直す必要があります」とか「もっと
    強みを明確にしていくことが必要です」等、
    一人前のことを偉そうに言い散らかすからと
    っても不愉快でした。カウンセリング担当者
    は多少は社会人を経験している方にしてほし
    いです。

  • どうもパソコンやスマホは便利でインターネットのエリアには・・

  • 世の中は変化していてスマホを使えばわかる
    けどネットの世界では、今では「転職に役に
    立つサイト」に類するものがあちこちに存在
    します。そのいっぱいのサイトから自分自身
    の目的にあった転職先を見いだすにはとりあ
    えず情報を収集することをしましょう。この
    ような転職サイトをうまく利用することで効
    率的な転職を叶えられます。更新頻度が高く
    、さらには正しいレビューなども載っている
    「転職サイト」もありますが、それとは真逆
    なメリットが皆無なサイトもあるので、注意
    が必要です。まずは、信用に値するサイトか
    どうかを類似サイトと比較しながら厳しく確
    かめてみましょう。

  • ITエンジニア|転職を予定しているのなら現在勤めている会社を辞める・・

  • 転職の際に現在勤めている会社を辞める時に
    失業保険の給付を受けるための手続きが必要
    ですが、仮に自分から退職届を出して会社を
    辞める、いわゆる自己都合退職の場合は、失
    業保険はすぐには出ず手続きにした後に失業
    が認定されてから3ヶ月経ないと実際に受け
    取ることができないのです。よく間違って退
    社日の翌日から3か月経過すれば給付される
    と勘違いしている人がいますが、この規則を
    理解していない人が、ハローワーク側にミス
    があると言い張ってそれが原因でハローワー
    クの担当者と過去に口論していたのを見たこ
    とがあります。念のために付け加えておくと
    、社員側の都合ではなくリストラのように、
    「会社都合」での解雇の場合は、失業が認定
    されれば即座に失業保険をもらえます。