ITエンジニア転職

転職時の面接では、中堅企業であれば大体が人事担当者になる

転職希望者が受ける面接では、零細企業であればその社内の「人事」担当が面接官ですが、場合によっては、別の人が担当することになります。実際に今後共に仕事をする現場の担当者、言い換えれば管理職クラスである課長や部長が面接することも決して少なくありません。特に、事務職や営業職といった部署に転職するのなら、資格だけでは見極めが難しいので、堂々と自分自身を売り込んでいくことで好印象を与えられます。

ITエンジニア|再就職をする時に受ける面接では、小企業であれば、大抵は「人事」が面接担当になります・・

  • 再就職の際の採用面接では、規模の小さい企
    業であれば概ね「人事」が面接担当ですが、
    別の場合もあります。例えば、今後職場でか
    かわりの深くなる現場の担当者、かいつまん
    で言えば中間管理職である部長や課長が面接
    することも決して少なくありません。とくに
    営業や事務などのカテゴリでは、資格などと
    いう見極めが難しいので、きちんと自分自身
    を売り込んでいくことが必要であり大事なこ
    とです。担当者から「この男は、きちんと自
    己主張できるし、良い結果を出してくれそう
    」と思わせ、覚えていてもらうことが大事で
    す。
  • ITエンジニア|求人関連の情報では、大部分の場合はたいていの職場で…

  • 求人広告には、とうぜん大部分の職場では月
    の給与が記載されているはずです。ただしこ
    の箇所を確認する際は、注意深く確認する事
    が必要です。その多い少ないだけで判断しな
    いようにしましょう。場合によっては、月収
    の金額の内訳で「毎月30時間の残業」が含
    まれているおそれもあります。残業代の金額
    をトータルすることで好条件であるかのよう
    に見せ、人材を募集しているケースも少なく
    ないのです。さらに「歩合給」をプラスする
    、といった案件も要注意です。歩合を過剰に
    多い前提で月収を多く見せている可能性が考
    えられたりします。ですから、そういった応
    募者を増やそうとする会社にははじめから相
    手にしないほうが無難です。
  • ITエンジニア|自分のスキルや資格を活かして再就職を検討する場合は…

  • あなたが持つ現在のスキルを活かしつつ、転
    職活動を考える場合に、再就職がしやすい業
    界と、難しいものを大まかに知っておきまし
    ょう。再就職しやすい業界は、たえず人手不
    足である医療や介護系の業種がその最たる例
    です。医療や介護では、看護師、介護士の「
    資格」が必須であるため、ハードルが高く、
    売り手市場となっています。しかし、今「医
    療・介護」の仕事に従事していて、様々な事
    情により、他の業界に転職する事を考える場
    合、すぐに行動するのはキケンです。「医療
    」「介護」ではない業界は、働き手の流動性
    はかなり低くなります。というわけで、簡単
    に考えないことが大切です。再就職を本気で
    考えるのであれば、他の業種では「医療」「
    介護」みたいな売り手市場とはいかないと、
    理解しておきましょう。
  • ITエンジニア|人からの紹介を通じて転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 知っている人からの紹介によって転職の先を
    見つけている最中の人もいるでしょう。それ
    も悪いとはいわないけれど転職した先の労働
    環境やそれと労働時間などの大切な部分を友
    人知人からの口コミだけをあまり信じすぎて
    しまうのは、後々良くはありません。口コミ
    の中でもそういう口コミ情報は主観が入って
    しまうからです。それ故に紹介した人にした
    らかなり良い働く場所だったとしても、あな
    た自身にとっては、イマイチな場合だってあ
    るのです。良い・悪いの違いは人それぞれな
    ので、口コミを過剰に信用しないように、最
    後は自分の目でしっかりチェックしてみてく
    ださい。
  • ITエンジニア|転職しようと考えている会社で見学などがあるとすごく参考になります。

  • 転職候補に挙がっている会社で見学などがあ
    れば、たいへん参考になります。会社見学で
    きる会社の中でも、「職人」がいる会社での
    見学は、職人技を近くで見られるのでワクワ
    クします。ですが、残念ながら「職人」がい
    る会社見学では例外なく見学者には、いつも
    の働き方を見せてくれないのが特徴です。典
    型的なのは、ブルーワーカーといわれる肉体
    労働などの分野です。個人のアクが出やすい
    業種なので、入社しないと、実際の姿はみえ
    ません。なので、仕事=見学内容と決めつけ
    ないことが賢明です。また、見学時に実際に
    仕事体験させてくれる会社はとてもキケンで
    すし、選択肢に入れるのはオススメできませ
    ん。入社していない人間には、もし問題が起
    きたとしても、それに対する保証が一切無い
    ので、仕事体験を勧められてもやんわりと断
    ることが大事です。