未分類

転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆し

近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」や「三本の矢」などの経済に関係する政策が打ち出されています。経済政策が日銀による「金融政策」と相まって、財界・民間企業ともに次の世代の変化が巻き起こりつつあります。

ITエンジニア|近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

  • 最近の転職については、政治によって状況が
    変わりつつあるようです。今の安倍政権によ
    って、アベノミクスや「三本の矢」といった
    経済政策が続々打ち出されています。経済政
    策共々金融政策とも、たがいに作用しあって
    財界・企業といった民間側からも新しい変化
    が増加しつつあります。その変化が加わり、
    一般の企業では労働人口減による「人材不足
    」が社会では多いな問題として取り上げられ
    ています。また最近では、「外国人の労働者
    」の数を今よりも増やしていく、つもりでい
    ると安倍政権は語っています。外国人労働者
    の増加に伴い、転職問題についても大きく幅
    が広がりそうです。こういった政治の流れに
    よって、日本国内の雇用や転職といった状況
    にも、大きな影響が出てくるのは仕方のない
    ことだといえます。
  • ITエンジニア|転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイ
    ントがあります。面接担当者から「転職理由
    は?」という風に、質問されるのは間違いあ
    りません。こういった場合、どれだけ正論だ
    と思っても、以前の職場の労働環境や人間関
    係に関しての不満を絡めた答えは、なるべく
    口にするのは避けるべきです。というのも、
    そのような内容をうかつに喋ってしまうと、
    印象が悪くなってしまい、チャンスをダメに
    してしまいます。ですから面接時は、「前向
    き」な姿勢を見せつづけることがかなり大切
    です。、実際の理由とは違っていても、「新
    しい職場で、これまでのキャリアをしっかり
    生かして、キャリアアップを目指していくつ
    ももりです。」此の様な言い回しが求められ
    ます。
  • ITエンジニア|『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が固いならば…

  • 『なるべく早く転職したい!』という願望が
    あって、自身の意志が強いのであれば、速や
    かに上司にその旨を伝えましょう。相談とい
    う形で話せば状況によって言いくるめられる
    可能性が高いので気をつけましょう。実際に
    私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職
    するタイミングを伸ばされてしまい、結果的
    に、半年ほど予定が伸びてしまいました。は
    じめに、直属の上司に相談をしたのが年度末
    でしたが、いろいろあって数ヶ月働いて退職
    を受け入れられたのは同年11月です。本音
    は仕事が一段落した年度末いっぱいで辞める
    つもりでしたが、うまくいきませんでした。
    やはり企業も、人事的な都合があるのかもし
    れませんが、社員のを希望を聞かずに、上司
    を含め組織として予定を引き伸ばしてきたの
    で、ほとほと以前にも増して困ってしまいま
    した。
  • ITエンジニア|雇用中には、可能であれば、周りの人にバレないよう(私の例です…

  • 在職中は可能であれば、周りの人間に気づか
    れないように、(ちなみに私のときは)就労
    期間中に転身する気持ちだけをはじめのうち
    に周りの人間に話したことがあります。しか
    しながら、その顎、転職情報を色々と探して
    みたものの、就職する転職するタイミングさ
    えも無計画なまま進めていたので、やみくも
    に時間がムダになるだけでした。そして一方
    、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、私の
    退職日などが確定していき、その結果、「退
    職予定日に合う形で、就職先を見付ける」と
    いう、お粗末な状況で会社を去ることになり
    ました。ですが結局、理想とする結果が実ら
    ず、失業期間を経たあと、次の就業先を探す
    ハメになりました。
  • ITエンジニア|こういう転職というのは友人から聞いた話です。

  • こうした話は知り合いからの話です。就職活
    動を始めて新卒としてなにがなんでも就職し
    たかった最終目標であるA社の最終面接で不
    採用となって、その先やむを得ず他の会社に
    入りました。そのあと約1年半経過した頃に
    派遣の求人サイトにおいてたまたまA社の紹
    介予定派遣の仕事が目に入り、いてもたって
    もいられなくなってその時働いていた会社を
    即退職して、A社で派遣勤務を開始、死ぬ気
    で頑張ってその結果無事にA社で正社員にな
    れて、現在においては仕事に誇りを持ちなが
    ら明るく仕事をしています。