ITエンジニア転職

ITエンジニア|就職した会社で嫌な感じの上司の存在に悩みを抱えて、とてもやってられないと思いその会社を辞め

勤めていた会社でパワハラを行う上司に悩みを抱えて、ついにやる気がなくなってその会社を辞め、同業者である他の企業に職を変えました。その会社では会社の雰囲気がよく非常に満足の日々でしたが、ちょっとずつ会社の債務が増えて、ついにはとある会社に経営統合されることになりました。

ITエンジニア|在職していた会社で嫌な感じの上司の存在に悩まされ…

  • 在職していた会社で嫌な感じの上司に憂鬱な
    気分にさせられ、とうとうやる気がなくなっ
    てその会社を退職し、同業他社に移りました
    。新しい会社では人間関係で悩むこともなく
    満足の日々でしたが、時が経つにつれて業績
    が悪化し、最後には経営統合されることにな
    りました。奇遇にもその経営統合した会社が
    なんと前に働いていた会社で、おまけにとて
    も嫌いだった上司がまた私の上司となること
    に。まったく困ったことになりましたが、ど
    れだけ縁があるのでしょうか。当然また転職
    活動を開始する予定です。
  • 現在の仕事と転職活動を並行される人は少なくありません。

  • 転職活動を現在の仕事と同時に行う人が多い
    です。ですが、忙しく仕事を行いつつ求人案
    件を見つけて応募したり、面接に行くのはス
    ケジュール調整も含めて負担がかかるといえ
    ます。転職活動中は、現在の会社の同僚や上
    司に気づかれないように気を遣わなければい
    けません。とりあえず応募する、という人が
    いますが、もしも、書類選考をパスし、面接
    に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとした
    ら、今後の転職がうまくいかなくなるおそれ
    があります。転職エージェントを利用して応
    募していた場合は、エージェントに対して印
    象が悪くなりますし、自身で直接、応募した
    場合も応募した企業から電話やメールでの連
    絡がしつこく来ることになります。いずれに
    しても自分の大切な時間を浪費することにな
    りかねないので、行く気のない案件は、最初
    から応募もしないのが無難です。転職活動は
    、新卒の就活と同じように考えないことを覚
    えておきましょう。
  • 現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほか・・

  • 近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェン
    ト」をはじめ、ビジネスの一環としてヘッド
    ハンティングの請負を行う会社も増えていま
    す。もしもあなたが特許を出したことがある
    なら、ヘッドハンティングの対象になること
    が期待できます。ヘッドハンティングを行う
    会社は、特許を出願した人に加えて、研究開
    発で論文を発表した経験がある人や、テレビ
    で紹介された人など、「功績」ある人に狙い
    を定めて、電話やメールを用いてコンタクト
    を図り、ヘッドハンティングするネタにして
    います。仮にあなたが、ヘッドハンティング
    と思しき誘いを受けた際には、そういったこ
    とが無かったか考えてみましょう。近年は「
    ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求
    しようとする業者もあるらしいですが、その
    手の輩はたぶん嘘であるので気を付けましょ
    う。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介
    業者に報酬を支払う形となるため、転職希望
    者が払う必要などありません。
  • 転職活動を考えている人で、次までの仕事にある程度期間がある方・・

  • 年内中に転職される人で次の仕事をする前に
    期間があるのなら、「失業手当」をもらって
    おくことをお勧めします。会社側できちんと
    「雇用保険」を支払っているのなら、手続き
    をすれば必ず誰でも失業手当を手にできます
    。そして手続きについては、「ハローワーク
    」で行います。しかし自己都合で仕事を辞め
    た場合は、失業手当を受け取るまでの待機期
    間(3ヶ月)がありますが、今の会社都合の
    退職、残業時間の内容次第で即、受け取るこ
    とが出来たりもします。受け取れる「失業手
    当」の額は、会社の仕事を辞めた月の近々の
    給料を基準にして失業手当の支給する額を割
    り出されるのでもし、「閑散期」「繁忙期」
    が存在する業種の場合は、繁忙期の後に辞め
    たほうがいいです。
  • ITエンジニア|転職エージェントは大手に限って、多くの案件を抱えて…

  • 大手転職エージェントに限って、多くの案件
    を持っているという魅力があるといえますが
    、その反面、競合する転職希望者も多くいま
    す。そのためあなたが気になる企業を探し出
    したとしても、担当スタッフのほうで「転職
    の望みが薄い」と判断すると応募してくれな
    いことも少なくありませんし、企業から見て
    自分よりも有能だと評価される人がいれば、
    そのライバルを優先することも考えられます
    。大手エージェントの場合は、サイトに未掲
    載の案件のデータを宝庫として扱い意外と駄
    目で、中小規模のエージェントたちに対し、
    希望する会社や案件について相談し、応募で
    きないものでしょうか?と話しをすると転職
    希望者の利益を考えて働きかけてくれること
    もあるので、そういった風に活用してみるの
    も一つの手でしょう。