ITエンジニア転職

ITエンジニア|転職のため仕事探しをする場合に気を付けたほうがよい募集内容

就職するため仕事探しをする際に注意して欲しい募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長めのものです。このような募集内容では、給料に『みなし残業代』を含んでいることが多いのです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間や45時間という風に求人の記載内容に時間が併記してあります。

ITエンジニア|転職するため仕事探しをするときに注意すべき募集内容…

  • 就職するため職探しをする際に注意したほう
    がよい求人の募集内容は、そんなにきつくな
    さそうな仕事内容なのに給料がよく、拘束さ
    れる時間が長めというものです。こういった
    案件は、給料に『みなし残業代』を含んでい
    るケースがたいへん多いのです。みなし残業
    代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間
    とか45時間という風に求人の記載内容に時
    間が併記されているものです。毎月このぐら
    いの残業発生が想定されるので、はじめから
    給料形態に残業代を入れておく、といった仕
    組みになります。(注意・違法ではありませ
    ん)仮に求人に『みなし残業代35時間込』
    という表記は「記載時間分の残業代も含めて
    これだけの給料がもらえます」という意味に
    なります。が、悪質な求人では、告知してお
    くべき『みなし』を意図的に表記してないこ
    とも少なくないのでしっかり注意をしておき
    ましょう。

  • ITエンジニア|仕事を変えた際には、大体の場合、それまでの会社の仕…

  • 転職した際には、大体の場合、以前の会社の
    仕事でのほとんどの出来事は美化されます。
    実を言えば現在の仕事内容に向いていないと
    感じたから、それをどうにかするために、せ
    っかく転職したはずにも関わらず、時間が過
    ぎるとともにどうしてかわからないけれど転
    職後の会社よりも「前の仕事のほうが良いの
    では?」と感じる機会が増えてきます。とい
    うのも無理はなく、以前の職では仕事を把握
    していて、楽に日常の業務をこなせていたの
    が、根底にあるはずです。でも、「やっぱり
    転職などするべきでなかった」と真剣に感じ
    るほど、前の会社のほうが人間関係や居心地
    が良かった場合も考えられます。

  • ITエンジニア|新しい就業先では「年収」の理想を高くしないようにしましょう。

  • 転職した場所では、「年収」を高望みしない
    ほうが無難です。転職した年度は、大概研修
    期間を入っている企業が少なくありません。
    自身のケースでは、なんとか転職したという
    のに、悲しいかな前職での稼ぎと年収と大方
    同じで変わりませんでした。それに、仕事内
    容は多様で忙しく、とても責任が伴うもので
    、1年目は、ひどく骨が折れました。そうい
    った経験を踏まえると、初年度は、仕事を覚
    える年と割り切り、可能なかぎり転職する前
    から貯蓄をしておくべき、と思います。

  • 万が一、転業の決心したなら、完全に周りの人にはそれを伝え…

  • もし、現職からの転業を決意したのであれば
    、完全に社内の人には内密にその気持ちがば
    れないように、うまく転職活動を進めていき
    、転職先が決定していないのなら、あくまで
    も社内の人間に気づかれないようにいつもど
    おり業務をこなすのがもっともいいです。転
    職先が決まっていない間、その点を心にとめ
    ておけば、最悪の場合条件にあう働き先がす
    んなり見つからなくても、転職予定を先延ば
    しにしながら現職に残ってもできます。そう
    ではなくて、つい「転職するつもりでいる」
    と口にしてしまうと、周りの人は、その言葉
    に合わせて対応し出します。おまけに「辞め
    るつもりです」と言ったが最後、会社内では
    「あいつは辞める人」という位置づけになり
    ます。そうなってから転職したい思いが冷め
    て、「やっぱり仕事は辞めないことにしまし
    た」と釈明しても、周囲の人たちは、「一度
    は辞めようとした人」ということで在籍して
    いるあいだ、肩身の狭い思いををすることも
    あるでしょう。

  • ITエンジニア|全く経験のない分野などに転職したいと思っている場合には…

  • 全く経験したことのない分野とかに転身を考
    えるときには、以前の業界で身に付けた力や
    今までやってきたことを生かすことができる
    という自己アピールが必要になります。未経
    験のジャンルの場合、その分だけそのジャン
    ルの経験者よりも事実、不利な状態になりま
    すけど、自分自身が保持している力がそこで
    も十分に発揮することができるということを
    しっかりと話せれば、戦えるケースも考えら
    れます。そんな訳で、経験が全然ない業種に
    挑戦する際には、その業種とこれまでに自分
    がしてきた仕事との関係性を探し出してみま
    しょう。