ITエンジニア転職

ITエンジニア|転職活動を始めるにあたっては、あらかじめ、求人雑誌を見たり

転職をする場合、始める前に、ウェブ上の求人サイトを閲覧したりして興味のある会社を調べるでしょう。ですが、その会社が情報を公にする場合には、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が少なくありません。コンサルタントはいかに、会社にとって都合の悪い情報を隠せばいいか、さらに、不都合な内容は、言い回しを変えて表現をマイルドにしようと試みます。

ITエンジニア|転職する場合は、あらかじめ、ネット上で転職関係のサイトを見たりして…

転職活動を始めるにあたっては、あらかじめ
、求人雑誌を見たりして関心のある会社を調
べるとは思います。ですが、当該会社がその
会社が情報を世間に出す際には、コンサルタ
ントから指導を受けている可能性が高いです
。コンサルタントはいかに、会社にとって都
合の悪い情報を隠せばいいか、たとえ公開し
たとしても曖昧な表現を使ってうまくごまか
そうとします。その類の会社紹介や社長の意
見や社員のインタビュー情報などは、馬鹿正
直に信じるのではなく、半信半疑で聞き流す
べきです。仮に情報を信じて入社してしまっ
た場合、「こんな話じゃなかったのに・・・
」とあとで後悔するかもしれません。悪意あ
る会社は、素直な人間を効率よく取り込み、
その後は難癖をつけて、いかにして辞めさせ
ないようにするか謀略を練っています。この
ようなことは、いわゆるブラック企業に多い
です。

ITエンジニア|現在では、株や不動産投資等の不労所得で儲けたり、個人経営 を目指す人も増えています。

ここ最近は、株・不動産投資をはじめとした
不労所得のほか、独立や起業といった形で生
きる方法も人気です。そのような社会的変化
もあるせいか、「雇用されて働くこと以外の
道はキケンだ」といった今までの考えも変わ
りつつあります。高度経済成長期に関しては
どうなるかわからない株式投資や、自営業で
生きるよりも雇用されて働いているほうが安
定性にすぐれていました。人生のもっとも正
しい道としてまたそれが自然のことのように
世の中に認識されてはいました。そのような
時代は終わり、今は、「成熟期」という名が
言い表されています。コンピューターの進化
とともに、近い将来では、自動化・機械化が
さらに進み仕事でも人がいらなくなっていく
社会です。

日本には古来より”石の上にも3年”という諺もあります…

昔から日本には”石の上にも3年”といわれ
る諺もありますが、大正末期から昭和初期に
かけて原型がつくられた、ないものと同然で
ある「終身雇用制度」。「転職」は当たり前
の世の中になってまいりました。しかしなが
ら、「仕事を変えること」身近な存在になっ
たからといっても、やたらと仕事を探し、変
えてを繰り返すのでは問題です。再就職しよ
うと考えるなら、時期というのも有るでしょ
う。最初に、現在の職場、仕事の内容につい
て、嫌だと思う点を、10個、少なくても最
低5個は紙に書き出してみましょうそうして
おくと、転職活動の次の一手を考えやすくな
ります。そして、あなたの進みたい道が見え
てきたら、手早く、今より良い職を手に入れ
るべく自分なりに努力してみてください。

ITエンジニア|転職期間中には、自分の好きなことに打ち込むほか、体力を損なわない生活が…

転職先を探している間は、趣味に時間を費や
すほか、体力を損なわない生活を習慣化して
おくと良いです。仕事が決まり、いざ仕事を
再開したときに、趣味に興じていたことで知
らないうちに集中する力がアップしています
。また体力づくりも同時にできているため、
その場の社員さんと比較すると疲れない体に
なっているということを自ずと認識すること
ができます。そのため、休職中は自分の趣味
に力を入れることと、体力アップをしておく
ことをするのが何より良い事なのです。転職
後、職場にてあなたと共通の趣味の方がいれ
ば、話題に花が咲きます。ですから、興味の
あることに積極的にトライしてみるのも転職
期間中の時間の有効活用となります。

ITエンジニア|新しい仕事で、それまでに身に付けたスキル・キャリア生かすことができ・・

新しく就いた勤め先で今までのスキル・キャ
リア生かすことができれば、即戦力として周
囲から高く評価されて、割と早く職場での信
頼を勝ち得ることができるはずです。それは
つまり会社サイドも、大いに助かると言うも
のです。タイミングさえ問題なければ、難な
く事が運びやすいといえます。しかも、これ
までの職場と近い仕事なら転職自体は簡単に
いくはずです。但し、即戦力になる自信があ
なたにあったとしても、大手企業の事務系の
業務や、公務員の募集などは、時代背景に左
右されることなく中々の競争率ですから、楽
観視は禁物です。